「画像の切り抜き」ならWindowsに付属のアプリで簡単にできちゃうよ

画像の切り抜きならWindowsですぐできます。

ブログやSNSに写真をアップする時や資料作りの時に、写真の一部を切り抜きたいことってないですか?

笑顔01

年賀状とかに子供やペットの写真入れる時とかね。

そうそう、余計な背景を消して必要な部分だけを使いたいことってありますよね。

そんな時には、Windowsに付属のアプリ「ペイント3D」で簡単に切り抜きができちゃうんですよ。

たとえば…

Windowsに付属のアプリ「ペイント3D」で簡単に切り抜き

こんな風に、切り抜きができちゃいます。

笑顔01

これがWindowsだけでできるの?

そうなんです。Windowsのソフトだけで出来るんです。

画像処理をするアプリケーションでは Photoshop というアプリケーションが有名で使いやすいですが、Photoshop は高価なソフトなので手が出しづらい場合も多いと思います。

でも、簡易的な画像編集ならWindows付属のソフトだけでもできるんですよ。しかもとっても簡単です。今のWindowsはすごいですね。

もうひとつのPhotoshopAdobe Creative CloudのPhotoshopは月額契約でお高いアプリケーションですが、Photoshopのよく使う機能に絞ったPhotoshop Elementsというアプリケーションもあります。

センパイセンパイ

僕も一番最初はPhotoshop Elementsから画像編集を始めました。
趣味やプライベートな作業はこれで十分だと思います。

Photoshop はサブスク契約(月額支払い)ですが、Photoshop Elementsは買切り型でAmazonや電器屋さんでも購入できます。


*サブスク…毎月決まった料金を支払う
*買切り型…一度購入すれば月額料金は発生せず、ずっと使える

 

というわけで、今回はWindowsに付属している「ペイント3D」というアプリで画像を簡単に切り抜いていく方法を解説しますよ。

それではやってみましょうー!

バックアップから始めよう!

まずは画像編集を施したい画像を用意しましょう。

そして、万が一失敗した時のために、画像をコピーしておきましょう。

バックアップは大切!このように、同じファイルをコピーしておくことを「バックアップ」といいます。
こうしてバックアップを取っておけば、もし失敗しても元のファイルは無事に残ります。
パソコンで仕事をするうえでバックアップをしてから作業することはとても大切なんですよ。
特に写真加工をする際には必ずバックアップをしてから画像加工作業をしてください。

バックアップの仕方はこちらの記事を参考にしてください。


ペイント3Dの開き方と画像読み込み

写真や画像から一部分を切り抜くには、Windows10に付属している「ペイント3D」というソフトを使います。

まずは、このペイント3Dの開き方を解説します。

方法1:Windowsのフォト~ペイント3Dを開く

Windowsのフォト~ペイント3Dを開く

切り抜きたい写真や画像をクリックすると「フォト」アプリで画像が表示されます。

フォトで画像を開けたら「編集と作成」>ペイント3Dで編集する と進んでいきます。

方法2:右クリックでペイント3Dを開く

もしフォトではない別のアプリで画像が開く場合は、切り抜きたい画像を 右クリック>ペイント3Dで編集する を選んでください。

右クリックでペイント3Dを開く

また、右クリックメニューに「ペイント3Dで編集する」という項目が見当たらない場合は、 プログラムから開く > フォトを選びます。

フォトで画像を開けたら「編集と作成」>ペイント3Dで編集する と進んでいきます。

方法3:ペイントからペイント3Dを開く

Windows付属のペイントアプリで画像を開く場合は、スタート>Windowsアクセサリ>ペイント と進みます。そして、ファイル>開く で切り抜きたい写真や画像を選びます。これでペイントで画像が開きます。

ペイントからペイント3Dを開く

その後、ホームペイント3Dで編集する と進みます。これでペイント3Dで画像が開きます。

センパイセンパイ

方法2:右クリックでペイント3Dを開く が、一番簡単ですね。

画像の大きさ調整

ペイント3Dで画像を開いたらツールバーのズームスライダーで、操作しやすい大きさにしていきましょう。

ズームスライダーで画像の大きさ調整

ポイントツールバーのアイコンが全部表示されないときはブラウザの幅が足りないのでブラウザの幅を広げます。

マジック選択

ペイント3Dで画像が開けましたか?

それではいよいよ画像切り抜き作業に入っていきますよ。

切り抜き領域の選択

まず、画面上部のメニューから「マジック選択」を選びます。

マジック選択

これで画像の周りが白い点と青い線で囲まれたと思います。

切り抜く領域の調整

次に切り抜く領域を指定します。

写真の周りの白い○マーカーにマウスを合わせて、切り抜きたいものを絞っていきます。

切り抜き領域の調整

センパイセンパイ

この時、できるだけ余計な部分が入らないようにするのがコツです。

だいたい領域を囲めたなと思ったら、画面の右側の「次へ」をクリックします。

切り抜く範囲を微調整

画面の右側の「次へ」をクリックすると、切り抜く範囲が細い青い線で囲まれるはずです。

切り抜く範囲の調整

切り抜く範囲内に余計な部分が入っていたり、不足な部分がある場合は微調整をしていきます。

微調整の方法は、右側の「追加と削除」を切り替えながら選択範囲を調整します。

切り抜き範囲の調整

微調整の方法は簡単です。もし、切り抜きに不足している箇所があれば、[追加]ボタンを選択して画像上で追加したい部分をなぞっていきます。逆に、削除したい箇所がある場合は、[削除]ボタンを選択して不要な部分をなぞっていきます。

マジック選択のAIは結構賢いので、なぞる時は縁を丁寧になぞる必要はなくて、ざっくりで大丈夫です。

切り抜き範囲の調整

花びらの左側を見てください。少し後ろの花びらが入ってしまっていますよね?

その部分を削除したい場合、上の画像のように、はみ出している部分を横断するようになぞるくらいで大丈夫です。(花びらの左側の黒い線)

センパイセンパイ

やり直したい場合は「Ctrl+Z」でひとつ前の手順に戻れます

微調整が終わったら「完了」をクリックします。

切り抜く範囲を微調整

背景のオートフィル[背景のオートフィル]がオンの場合… 切り取った後の背景が自動的に補完されて塗りつぶされます。

[背景のオートフィル]がオフの場合… 切り取った後の背景は白抜きになります。

切り取った画像を保存する準備

マジック選択で切り取り後に「完了」ボタンをクリックすると、切り取った画像をマウスカーソルを合わせて移動させることができます。

切り抜いた画像は移動できる

 

クリップボードにコピーする

切り抜いた画像をコピーするため「編集」でハサミのマークかコピーマークをクリックします

編集メニューアイコン

これで、クリップボード上に画像が一時的に記憶されます。

 

切り抜いた画像の保存

現時点でクリップボード上にある画像を保存するためには、以下の工程が必要です。

  1. キャンバスを新規作成
  2. 切り取った画像を貼り付けて
  3. 保存をします

ちょっと独特で二度手間な感じの工程ですが、複雑な工程ではないので簡単です。

 

まず、ペイント3Dの左上の「メニュー」をクリックします。

そして、左側から 「新規作成」を選び、出てきたメニューから 「保存しない」をクリックします。

切り抜いた画像の保存

 

ここで画面上で右クリックして貼り付けしてもいいのですが、一旦 上部メニューの「キャンバス」を選択してください。

センパイセンパイ

貼り付けの時に上部メニューで「キャンバス」を選ぶと、貼り付けるキャンバスを透明にする選択ができるのです

キャンバスを選ぶと、右側に「透明なキャンバス」という項目が表示されますよね。ここで、白いキャンバスか透明なキャンバスにするか選びます。

  • 白いキャンバスにする :透明なキャンバスをオフ
  • 透明なキャンバスにする:透明なキャンバスをオン

 

キャンバスの背景を選んだら、上部メニューから「貼り付け」をクリックします。

画像の貼り付け

これで切り取った画像が貼り付けられました。

ポイントキャンバスの大きさは、キャンバスの四隅をドラッグします

キャンバスの大きさを調整

貼り付けをした時に、余白が大きすぎる場合もあるので、上部のメニューから「トリミング」をクリックして、適度に余計な部分を調整しましょう。

キャンバスの調整

センパイセンパイ

トリミングをクリックしたのに枠線が出てこない場合は、ズームレバーでキャンバスを拡大縮小してみましょう。もしかするとすごく大きな余白が設定されているかもしれません。

トリミングの調整が終わったら、右側から「完了」ボタンをクリックします。

 

この時、完了をクリックした後にトリミングした範囲が白い線で囲まれるのですが、せっかくトリミング調整したにもかかわらず、必ずしもその範囲内に切り取った画像が入っていない場合があります。

キャンバスの調整

その時は、画像をドラッグして白い線の範囲内に収まるように移動しておきましょう。

名前を付けて保存

トリミング調整まで終わった画像を保存していきます。

画面左上のメニューをクリックして、名前を付けて保存 > 画像 と進みます。

画像の保存

ファイルの種類を選んで、「透明度」にチェックを入れて「保存」ボタンをクリックします。

センパイセンパイ

保存形式がわからない場合は「PNG(画像)」か「JPEG(画像)」を選んでおきましょう。

 

これで背景が透明な切り抜き画像の完成です!お疲れさまでした。

切り抜き画像の完成

 

切り抜いた画像の利用方法

ペイント3Dで切り抜き画像を作る手順を解説してきました。

手順が多いように感じますが、慣れれば1分2分くらいで出来ますので、ぜひチャレンジしてみてください。

切り抜いた画像は、年賀状や名刺、パンフレットなどアイデア次第でいろいろ使えると思います。

切り抜いた画像の合成例

画像を合成したりするには、Canvaを使うと楽にできますよ。

このブログでは、Canvaの使い方をたくさん解説しているので、ぜひやってみてくださいね。