GoogleアシスタントとKeepを連携させたら理想のメモ環境が整った!
今回はAndroidで使える「Googleアシスタント」を利用している内容です。
記事内の環境はGooglePixel4のAndroid11を使っています。

 

ああ、この流れ。

「OK Google」
「はい、どんなご用でしょう?」
「Keepにメモして」
「わかりました。メモの内容をお願いします。」
「帰りに本を買う」
「メモを保存しました」

*音は出ません

熱望していた機能はやっぱり最高でした。

声でメモをとれる感激

メモをする時ってどうしてますか?

・手帳を開いてメモを書く。
・メモアプリを開いてメモを書く。

こんな感じでメモを取ると思うんですが、最近はメモアプリの音声認識もすごく高くなっているので、声でメモをするという方法も実用レベルまで上がってきているんですよ。

その流れで声でメモできるメモアプリも多くなっているんですが、GoogleのKeepドキュメントなどは、無料で台数制限もなく利用できて使いやすいですよ。

音声でメモを取れるおすすめアプリ・Keep(キープ)
・ドキュメント
センパイセンパイ

Keepもドキュメントも音声認識率が高くておすすめです

 

さらに!

音声メモが出来るだけで便利なKeepなんですが、KeepGoogleアシスタント連携させると、スマホを触ることなくメモをすることも可能なのです。

つまり、料理中や運転中など手が離せない状態の時に、スマホに触ることなく声だけでメモできるわけです。

これは未来感覚ですよ。

 

というわけで、今回はアシスタントからKeepにメモをする設定手順について紹介しちゃいます。

これで今日からメモをとるスタイルが変わりますよ。

 


今回使うアプリ(サービス)について

GoogleKeepとは

GoogleKeep

KeepはGoogleアカウントでログインするだけで使えるメモアプリです。

書いたメモはすぐに同期されるので、パソコンでもスマホでも同じメモを閲覧することが出来るんです。

メモできる種類はテキスト(文字)だけではなくて、写真手書き音声などもメモできます。

チェックリスト機能があるのでToDoリストみたいな使い方も出来るし、メモにはタグをつけて整理することできます。

もちろん、書いたメモは検索も出来るし、なんと写真等の画像内の文字のOCR検索も出来るのでとても便利です。

これ見てください↓

KeepのOCR検索の例
KeepのOCR検索の例 テキストメモは書いていない。写真に写った文字で検索ヒットしている。

これ、写真を撮っただけで他に文字は書いていないんです。写真に写った文字で検索にヒットしているんですね。

また、写真の文字を検索できるだけではなくて、写真から文字を抽出してメモに残す事もできるんです!

つまり、写真を撮れば文字起こしができちゃう!(まだ精度は完璧ではないけど…)

 

他にも、よく閲覧するメモは画面の上部にロックする事もできるし、特定のメモを他の人と共有する事もできるので、買い物メモや旅行日程などを共有するなど便利に使えそうです。

見た目はとてもシンプルなのに、出来る事はとても多いのがGoogleKeepです。

センパイセンパイ

僕はずっとKeepにメモってますが、動作も軽いし本当に便利ですよ。

*魅力いっぱいのKeepの詳しい使い方等はまた別の記事にしますね!

Google Keep - メモとリスト

Google Keep – メモとリスト

Google LLC無料posted withアプリーチ

 

Googleアシスタントとは

Googleアシスタントというと、スマートスピーカーを声で操作したり、スマート家電を操作できるなど、なんとなく便利そうなんですが実はあまり活用してない。。。という人も多いんじゃないかなと思います。

でも、身近なところからアシスタントを使ってみると楽しくなるかもですよ。

たとえば、以前紹介した「これ、誰の曲?」「スクリーンショットを撮る技」とか手軽で便利ですよ。

 

そして、今回紹介するアシスタントでKeepにメモを取る技は本当に便利に使えると思います。

それではやってみましょー

 

GoogleアシスタントでKeepにメモを取るための準備

Keepの準備

スマホとパソコンの両方で使えるようにすると便利です。

スマホ版のKeepの準備

KeepのアプリをインストールしてGoogleアカウントでログインすれば使えるようになります。

1、Keepアプリをスマホにインストールします
2、Googleアカウントでログインします

Google Keep - メモとリスト

Google Keep – メモとリスト

Google LLC無料posted withアプリーチ

パソコン版のKeepの準備

GoogleアカウントでログインしたChromeブラウザがあればすぐに使えます。ソフトのダウンロードは必要ないです。

1、Google Keep にアクセス
2、「Google Keepを使ってみる」→「Web Version」を選択すればOKです。

ヒント「Google Keepを使ってみる」のボタンをクリックすると「Android」「iOS」「Chrome」「Web Version」の4つが選択肢に現れます。
「Chrome」を選択するとアプリ版になります。WebVersionを選んでおけばブラウザだけで使えます。

 

Keepとアシスタントの連携

アシスタントからKeepにメモをするには「Google アシスタント」の「メモとリスト」で設定します。

けい子

Googleアシスタントの設定画面ね

ただ、この設定画面までが深い。。。

Googleアプリからなら少しはショートカット出来ますが、スマートフォンの「設定」アイコンからは以下のように進んでいきます。

設定

Google

アカウントサービス

検索、アシスタントと音声

Googleアシスタント

メモとリスト

メモとリストのプロバイダを選択してください

Google Keep と設定します。

これで Google Keepに直接メモが保存されるようになります。

「他のサービスと同期しない」を選択すると、Google アシスタント内のメモ機能を利用することも可能。
センパイセンパイ

これでアシスタントからKeepにメモを出来ますが、声でアシスタントを呼び出す「Voice Match」の設定をしていない人は、Voice Matchの設定も必要です。

Voice Matchの設定画面まではいろいろな行き方があります。
設定アイコンからは以下のように進むと良いです。設定

Google

アカウントサービス

検索、アシスタントと音声

Googleアシスタント

Voice Match
*ここで「OK Google」をオンにして声の登録をすればOKです。Voice Match(ボイスマッチ)の設定

▼Voice Matchの設定方法はこちらの記事で解説しています。

 

さぁ、声でメモしてみよう!

Googleアシスタントから声でKeepにメモをする
Googleアシスタントから声でKeepにメモをする

さぁ「OK Google」と言ってみてください。

アシスタントが「はい、どんなご用でしょう?」と返事をしますよ。

そしたら「Keepにメモして」と言ってみてください。

声でメモが出来るようになりますよ!

 

声でメモをする場合

「OK Google 〇〇とKeepにメモして」

というように、先にメモ内容を言うやり方が一般的みたいですが、

僕の場合は

「OK Google Keepにメモして」

と言ってからメモする内容を伝えています。

これはどちらの方法でもいいです。やりやすい方でメモすると良いですよ。

 

まとめ:GoogleアシスタントとKeepを連携させたら理想のメモ環境が整った!

声でメモが出来るってホントに便利。

以前からアイデアを思いつくとメモを取る習慣がありましたが、運転中などすぐにメモを取れない時などはもどかしさを感じていました。

センパイセンパイ

後でメモしようと思っても忘れちゃうんだよね

なので、思いついたら出来るだけ早い段階でメモを取りたい思いがありました。

今回の方法を使うと、たとえば、ロードバイクで走りながらスマホに向かって「メモして」ってメモできたりするんですよ。めちゃ便利じゃないですか?

アシスタントをタップやフリックなどで呼び出すようにすれば「OK Google」という呼びかけは省けるし、その場の状況に応じてやりやすい方法でメモが取れます。

補足・画面ロック状態からのメモ

アシスタントとKeepの連携について、「ロック画面ではメモできない」という情報も見かけましたが、僕の環境ではロック中でもGoogleアシスタントを呼び出して、いつも通りにKeepにメモをすることが出来ます。アップデートがあったのかな。

声でメモを開くことも可能

声でメモを書くだけじゃなくて、書いたメモを声で開くことも可能です。

アシスタントに「キープを開いて」「キープ」などと呼びかけるとGoogleKeepを開いてくれます。これは何気に便利ですよね。

Android Wearからも声でメモ可能

Android Wearからでもメモする事が可能みたいですよ。こんなこと出きるなんてホントに未来感ですね。

 

アシスタントとKeepの連携を便利に使ってみてくださいね!