快適なインターネット閲覧に、GoogleChromeをインストールしよう

数あるブラウザの中でもGoogleChromeはとても使いやすいブラウザです。

快適なインターネットの閲覧はもちろん、Web開発をする際にもGoogleChromeはとても役立つブラウザです。

今回は、GoogleChromeのインストール方法を図解で紹介します。

GoogleChromeのダウンロード

ダウンロード

GoogleChromeはGoogleのページからインストールできます。

以下のURLをクリックしてアクセスしましょう。

GoogleChrome配布ページ
https://www.google.com/chrome/

GoogleChrome配布ページ

GoogleChromeの配布ページが開いたら、画面中央の「Chromeをダウンロード」をクリックします。

 

補足

 

このような確認画面が表示された場合は「同意してインストール」をクリックします。

 

保存先の確認

保存先の確認

ダウンロードするファイルの保存するために「名前を付けて保存」画面が表示されるので、保存先を決めて「保存」ボタンをクリックします。

センパイセンパイ

どこに保存していいかよくわからなければ、右側の「PC」の下にある「ダウンロード」か「デスクトップ」を選んでおくとわかりやすいと思います。

ダウンロード画面

ダウンロードが始まるので終わるまで待ちましょう。

 

ダウンロード完了

ダウンロードの完了

ダウンロードが完了すると上手のような画面になります。

 


GoogleChromeのインストール

ダウンロードしたファイルを使って、GoogleChromeをパソコンにインストールします。

ファイルを実行

ダウンロードした時の画面の左下か、先ほどダウンロードの時に指定した場所にある「ChromeSetup.exe」をクリックします。

するとインストールが実行されます。

 

ユーザー アカウント制御画面

「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、「はい」をクリックします。

 

インストールの完了

この画面が表示されれば、GoogleChromeのインストールは完了です。

 

GoogleChromeの設定

インストールが完了したら、GoogleChromeを使えるように設定していきましょう。

インストールの完了

画面中央の「開始する」をクリックします。

 

補足前の画面で「Chromeをすでにご利用の場合はログイン」をクリックした場合は、Chromeへログインする画面が表示されるので、Googleアカウントのメールアドレスを入力して「次へ」をクリックします。

 

ログイン画面

 

アプリブックマークの確認

お気に入りのアプリをブックマークする画面になります。

これは、画面左上の方に表示されているアプリへのブックマークボタンを追加するかどうか?という確認画面です。

後からいくらでも編集できるので、よくわからない場合はそのまま「次へ」をクリックしましょう。

 

背景を決める

GoogleChromeの背景は通常「白」ですが、写真を背景に設定することもできます。その設定をどうするか?という確認の画面です。

これも後から設定可能なので、よくわからなければ「次へ」をクリックしましょう。

 

既定のブラウザの設定

次に「既定のブラウザの設定」画面になります。

既定のブラウザとは何かというと、たとえばWebページ内のリンクやメールの中のリンクをクリックした時に、自動でブラウザが起動しますが、この時のブラウザをどうするか?という設定です。

通常はマイクロソフト社の「Internet Explorer」や「Microsoft Edge」が既定のブラウザになっていると思いますが、「GoogleChrome」を既定のブラウザにするのがおすすめです。もちろんこれも後から変更可能です。

GoogleChroneを既定のブラウザにするには以下のようにします。

既定のブラウザの設定

「デフォルトとして設定」をクリックします。

 

既定のブラウザの設定

「既定のアプリの選択」の下の方に「Webブラウザー」という部分があります。ここをクリックします。

 

Chromeを選ぶ

「アプリを選ぶ」画面が表示されるので「GoogleChrome」を選択します。

 

既定のブラウザ変更確認

既定のブラウザを変更する確認画面が表示されますが、「強制的に変更する」をクリックします。

 

既定のブラウザをChromeに変更できた

これで、既定のブラウザがGoogleChromeになりました。