新規テキストファイルの作成方法
この記事でできること

この記事は、Windows10で新規にテキストファイルを作成する方法を紹介しています。
作成したテキストファイルはWindowsに付属の「メモ帳」で文章を書き込むことができます。

自分で新しくテキストファイルを作成する方法です。 テキストファイルというのは、パソコンの「メモ帳」アプリで開けるファイルです。

けい子

自分で新しく「メモ帳アプリ」に書くにはどうしたらいいですか?

センパイセンパイ

「メモ帳」で開いているメモは「テキストファイル」というものなんです。これは簡単に作る事ができますよ。今日はテキストファイルを新しく作ってみましょう

テキストファイルの作成はとても簡単ですよ。 パソコンを使う上で頻繁に使う操作ですから、マスターしてみましょう!

新規テキストファイルの作成方法

Windowsパソコンで、テキストファイルを作成する方法はいくつもありますが、今回は簡単に作れる2つの方法を紹介しますね。

右クリックから新規テキストファイルを作成する

まず、ひとつ目の方法は「右クリック」から新規でテキストファイルを作成する方法です。

この方法が一番手間が無くて簡単だと思います。

  • デスクトップの何もないところでマウスを右クリック
  • 表示されるメニューから「新規作成」をクリック
  • メニューの中から「テキストドキュメント」をクリック
新規でテキストファイルを作成する方法

これだけで新規テキストファイルが作成できます

作成したテキストファイルの名前を変更したい時は、「テキストファイルの名前を変更してみましょう」の記事が役立つと思います。

ポイント

※右クリックをして出てくるメニューを「コンテキストメニュー」と呼びます。 ※コンテキストメニューの内容は、使用しているパソコンによって異なります。

 

スタートメニューから新規テキストファイルを作成する

ふたつ目の方法は「スタート」メニューから新規でテキストファイルを作成する方法です。

  • スタートボタンをクリック
  • Windowsアクセサリフォルダの中のメモ帳をクリック

スタートボタンをクリック

スタートボタンをクリックする

デスクトップ画面左下のスタート(Windowsマーク)をクリックしましょう。

メモ帳 をクリック

Windowsアクセサリフォルダの中のメモ帳をクリック

スタートボタンをクリックするとメニューが表示されます。

そのメニューの中から Windowsアクセサリ のフォルダの中にある メモ帳 をクリックしましょう。

メモ帳の起動

これで、メモ帳 が起動します。

テキストファイルを作成するには、ファイルメニューから「上書き保存」か「名前を付けて保存」をしてくださいね。

センパイセンパイ

右クリックから新規でテキストファイルを作成する方法と、スタートから新規でテキストファイルを作成する方法のふたつの方法を紹介しましたが、どちらでも同じテキストファイルなので、自分のやりやすい方法で作成してみると良いですよ。

あと、Windowsのメモ帳には隠れた便利技があって、たとえば「Windowsのメモ帳を開くたびに自動でタイムスタンプを記録してくれる便利ワザ」を使えば、やる事リストとかがとても手軽に作れて楽しいですよ。ぜひ試してみてくださいね。

関連する記事