Chromeのグループ化したタブを再現して開くいくつかの方法

前回、タブグループを作成すると作業効率が上がるよという記事をお届けしました。

タブのグループ化はとても便利なのですが、現在のところグループ化しても保存することができないので、ブラウザを閉じてしまうとタブグループも消えてしまうのが難点なのです。

ただ、作成したタブグループを保存・再現するためのいくつかの対応策はあります。

今回は、作成したタブグループを再現する方法を紹介していこうと思います。

タブグループを再現する4つの方法

作成したタブグループを再現する方法は調べてみるといろいろあるようです。

その中から今回は4つの方法を紹介していこうと思います。

タブグループを履歴から開く

Chromeはこれまでにアクセスしたすべてのページの履歴を保存しているので、この履歴機能を利用すれば、前回開いていたタブグループをそのまま再現することができます。

やり方は簡単で、Chromeの右上のメニューボタンから「履歴」に進んで「最近閉じたタブ」の中から、開きたい「〇個のタブ」を選択すればOKです。

タブグループを履歴から開く

この「〇個のタブ」が、どのグループなのかわかりにくいのが難点ですが、この方法ならタブのグループを完全に再現できますし、設定も必要ないので手軽に利用できます。

設定を変えてグループを開く

履歴から開く方法じゃなくて、ブラウザを開いた時にグループも再現してほしいという場合は、Chromeの起動時の設定をいじってあげるといいかもしれません。

やり方は、Chromeの右上のメニューボタンから「設定」に進んで設定画面を開きます。

前回開いていたページを開く

そして、左カラムの「起動時」から「前回開いていたページを開く」にチェックを入れます。

前回開いていたページを開く

これで、次回ブラウザを開いた時に前回開いていたグループセットがそのまま再現されます。

ただこの方法だと、閉じる直前に開いていたグループに限定されてしまうのが難点です。

タブをブックマークに保存する

グループを毎回再現しなくても、必要に応じてグループ化したページを閲覧できれば良いのなら、グループをブックマークに保存する方法も便利です。

やり方は、Chromeの右上のメニューボタンから「ブックマーク」-「すべてのタブをブックマークに追加」と進みます。

すべてのタブをブックマークに追加
ショートカットキーは[Ctrl]+[Shift]+[D]キー

 

すると「すべてのタブをブックマークに追加する」という画面が開くので、ここで「保存する場所」と「フォルダ名」を決めます。

すべてのタブをブックマークに追加

「保存する場所」と「フォルダ名」というのは、画像の例だと

  • 保存する場所:ブックマークバー
  • フォルダ名:比較タブグループ

という具合です。

 

これを決めて「保存」ボタンを押せば、指定した場所にグループごと保存されます。

すべてのタブをブックマークに追加

今回の場合だと、ブックマークバーに「比較タブグループ」というフォルダが生成されて、そのフォルダの中にグループがブックマークとして保存されます。

このブックマークに保存する方法は便利ですが、タブグループがウインドウ上部に再現するわけじゃないので注意が必要です。

Chrome拡張機能で解決

他にも、Chromeの拡張機能を導入して、グループを保存したり再現する方法もあります。

調べたところでは、「Tab Group Saver」「Session Buddy」というChrome拡張機能で管理、保存できるようです。

こうした拡張機能では細かい管理もできるようなので、グループ化したタブを何度も利用したい場合はChromeの拡張機能の利用が便利かもしれません。

▼ chrome ウェブストア
https://chrome.google.com/webstore/category/extensions


僕はこの方法を使っています

今回はグループ化したタブを再現する4つの方法を紹介してきました。

個人的には、直前に作成したタブグループを再現できなくても、タブグループとしてそれぞれのページがブックマークされているならOKなので「タブをブックマークに保存」の方法が使い勝手が良いなぁと思って利用しています。

もちろん、タブグループを再現できた方が利便性が高い場合もあるので、自分に合う使い方をしていけば良いんじゃないかなと思います。

 

▼ 関連記事
Chromeのタブをグループ化する機能が便利!調べ物の作業効率が上がるよ

 

それでは楽しいネットライフを!